MENU
薬屋のひとりごと PR

【薬屋のひとりごと】阿多妃の正体とは?皇帝との子供が壬氏?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

薬屋のひとりごとに登場する皇帝の妃の中でも、特に皇帝から愛されていたと考えられる阿多(アードゥオ)妃。多くの謎を残したまま後宮を去りましたが、正体が気になりますよね。

また阿多妃と皇帝の間に生まれた子供が、壬氏という噂もあります。そうなると、阿多妃と壬氏は亲子(中国語で親子のこと)なのでしょうか。

気になる阿多妃についてまとめてみました。

アニメを見て、原作を読みたくなった場合は、【eBookJapanが一番です!

初回購入限定で、6回使える70%オフのクーポンも発行しており、600円の漫画・小説を180円で購入できちゃいますよ♪
2800冊を超える、無料のマンガもあるので、これを機に無料登録だけして読み放題で利用するのもありですね!

  1. 登録無料で約3千冊の作品が読み放題
  2. 初回購入限定で、70%オフのクーポンも発行!
  3. セールやポイント還元などのキャンペーンが多い

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

薬屋のひとりごと|阿多妃の正体とは?プロフィールを紹介

正体:皇帝の東宮時代からの妃

阿多妃は現皇帝の乳姉弟で、東宮時代に唯一迎えた妃でした。母親は壬氏付の老侍女である水蓮であり、高順と幼少期から後宮内に出入りして遊んでいたところから、由緒ある出自だと考えられます。

位は、淑妃でした。

性格:人格者

性格は人格者で、男性だったら皇帝の右腕になれたとまでいわれる賢い女性です。周囲に心配を掛けないように、気丈に振る舞うこともあります。

猫猫は本音が読みにくいものの、好奇心の強い性格だと分析しました。人に慕われるカリスマ性があり、後宮を去る際は多くの人から惜しまれています。

容姿:中性的

容姿は中性的で、身長も高く、黒髪直毛が特徴的です。五行の黒(水徳)を担う妃として、男装風の黒い衣装を着ています

くわえて猫猫は、壬氏と面影が似ているように感じていますよ。

年齢:35歳

年齢は35歳で、妃の中で最も年上でした。

原作をアニメの続きから読む場合は【ebookjapan】一択!〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

漫画、映画、ドラマも好きな場合は【U-NEXT】がおすすめ!u-next_31

以下記事で特徴や他サービスとの比較を記載していますよ♪
★電子書籍サイトサービス比較★
★アニメ見放題動画配信サイト比較★

住まい: 柘榴宮→離宮

柘榴宮で暮らしていましたが、跡継ぎに恵まれないことから後宮を去ることになり、皇帝の意向で離宮にいます

離宮では皇帝の相談に乗ったり、子氏一族の生き残りの子供達を匿ったりしていますよ。

声優:未定

声優の発表は、いまだありません。そこで予想したいと思います。中性的な声が出せる声優さんの可能性がありそうです

  • 緒方恵美さん…『美少女戦士セーラームーン』の天王はるか / セーラーウラヌス役など
  • 斎賀みつきさん…『ちはやふる』山井真琴役など

発表が今から楽しみですね。

▶こちらもぜひ

【薬屋のひとりごと】梨花妃のプロフィールを紹介!猫猫から教わった秘技の置き土産とは?薬屋のひとりごとに登場する、上級四妃の一人梨花妃(りふぁひ)。今回は、メロンのような胸のグラマラス美人といわれる梨花妃のプロフィールや猫...

薬屋のひとりごと|阿多妃と皇帝との子供が壬氏?

阿多妃は壬氏の母親

結論からいうと、阿多妃は壬氏こと皇弟の華瑞月の母親です。壬氏の本当の父親は皇帝であり、阿多妃もこの事実を認識しています。

明確な描写はないものの、水蓮、高順、玉葉、羅門、そして現皇帝もこの事実を認識している可能性が高そうです。

阿多妃は出産の際に、先帝の次男の出産とタイミングが重なったこともあり、子供が産めない体になります。

このとき情緒不安定だった阿多妃は、先帝の次男と我が子(壬氏)の入れ替えを行いました。このことは現在の皇太后も知っていて、合意のうえで入れ替わりが行われています。

アニメを無料で見れる動画配信サイトを以下で紹介していますよ!
アニメを見逃してしまった方だけでなく、これを機に他の人気作品含めて一気見してみてはいかがでしょうか♪

kusuriya_anime

皇太后は幼女趣味の先帝を恨んでいたこともあり、皇太后なりの復讐心があったのかもしれません

残念ながら先帝の次男は1歳頃に蜂蜜の毒で死亡してしまいますが、阿多妃にとっては我が子の壬氏が生きていることに喜びを感じている様子です。

壬氏はこの事実を知らないようですが、猫猫も気が付いているため、実は薄々気が付いている可能性があります。

壬氏が自分が東宮だと正式に周囲に知られると、どのような反応になるのか今から楽しみですね。

▶壬氏についてはこちらで詳しくまとめてみます。

【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)の正体とは?母親や父親は誰?薬屋のひとりごとに登場する謎多き、イケメン宦官の壬氏(じんし)。猫猫との関係も気になりますが、その正体に何か秘密が隠されていそうですよね...

薬屋のひとりごと|阿多妃の活躍:過去・幼少期から現在まで

幼少期:皇帝の幼馴染みとして過ごす

阿多妃は母親の水蓮が現皇帝の乳母だったこともあり、2人は幼馴染みとして過ごしていました。

幼少期から男勝りで、少年風の服装で過ごす方が多かったようです

アニメを見ていてついつい先が気になっちゃいますよね…!
原作漫画について、購入・レンタル・サブスクを考えている方は以下の記事で最も安く全巻読む方法を紹介していますので是非確認してみてくださいねー!

kusuriya_manga

東宮時代の現皇帝の妃に

その後東宮時代の現皇帝の妃になり、男児を出産しますが、蜂蜜の毒で死亡してしまいます。しかし実は先帝の次男と子供の入れ替えを行っており、阿多妃の本当の子供である壬氏は無事でした。

その後10年にわたり現皇帝の唯一の妃として、後宮で過ごしていましたよ。

後宮を去ることに

現皇帝が即位し、跡継ぎが必要となったことで、子供の産めない阿多妃は後宮を去ることになります。しかし現皇帝の意向で、実家ではなく離宮で過ごすことになりました。

現在も現皇帝が足繁く離宮に足を運んでいることから、妃の中でも特別な存在のようです。また後宮にふらっと立ち寄ることもあり、後宮の出入りも許可されていると考えられます。

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

まとめ

今回は、阿多妃について紹介しました。

  • 中性的な雰囲気の妃
  • 壬氏の本当の母親
  • 後宮を去り離宮で暮らしている

阿多妃は後宮を去りましたが、現皇帝との関係は良好の様子です。また壬氏の本当の母親ということもあり、今後も活躍が期待されます。

この機会に阿多妃の活躍をアニメでも楽しみたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

薬屋のひとりごと(アニメ)Netflixや見逃し配信&無料視聴動画は?1話~全話フル一気見方法まとめ薬屋のひとりごとの見逃し配信や無料視聴動画サイトを紹介しますよ! どの配信サイトがいいのか特徴とともに比較しておすすめしていますー! ...

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。