ブルーロック

【ブルーロック】強さランキングTOP25!潔や凪で強いのは誰?能力や実績から考察!

ブルーロックでは、FW選手総勢300名が生き残りをかけて戦います。そこで気になるのは、強さランキングですよね。

そこで今回は、能力や実績から個人的に考察して強さランキングをTOP25にしてみました。潔や凪で強いのは誰なのか、ぜひ最後まで読んでみてください。

◆↓この記事を読んでわかること↓◆

ブルーロック|強さランキングTOP25~11

25位:久遠渉

久遠渉は、ジャンプ力、先を見通す力に優れています。チームZでも作戦を考えていました。

しかし自分が勝ち残るために八百長を企てます。心の弱い部分に負けなければ、生き残れたのかもしれません。

24位:今村遊大

今村遊大は、スピード&テクニックに優れているキャラです。遊び人で、サッカーを恋愛に例えることもありました。

残念ながら目立った活躍はありませんでした。

23位:伊右衛門送人

伊右衛門送人はチームZのゴールキーパーをしていました。ゴールキーパーは不服だったようですが、強くいえない性格が仇となります。

22位:鰐間淳

鰐間淳は、鰐間計助の兄です。弟とのコンビネーションが得意でしたが、弟は一次選考で敗退しました。

U-20日本代表戦では目立った活躍がなかったので、この順位としました。

21位:雷市陣吾

雷市陣吾は、スタミナ力に優れた選手です。物語序盤は口の悪い部分が目立ちましたが、徐々に周囲のことを考えた行動ができるようになりました。

20位:吉良涼介

吉良涼介は、U18に飛び級召集される実力者でした。しかし青い監獄の入寮テストで最初に脱落してしまいます。

もし脱落していなければ、U-20日本代表戦でも活躍した可能性のあるキャラです。

19位:二子一輝

二子一輝は、空間認識能力に優れている選手です。U-20日本代表戦ではセンターバックに選ばれています。

ただしファウルでイエローカードを受け取り、負傷していまい、大事な場面で活躍できませんでした。

18位:剣城斬鉄

剣城斬鉄は、瞬発性のある加速力を得意としています。U-20日本代表戦では正規メンバーになれませんでしたが、絵心甚八によってサブメンバーに選ばれていますよ。

17位:氷織羊

氷織羊は、ボールキープに優れている選手です。チームプレーも行えて、試合の分析力にも優れていますよ。

バランス力のある選手といえます。

16位:時光青志

時光青志は、フィジカルや体幹に強みのあるキャラです。俊敏さにも優れていて、バランス力に優れています。

ややネガティブな性格が変われば、さらに強くなるかもしれませんね。

15位:蟻生十兵衛

蟻生十兵衛は、ジャンプ力と手足の長さを活かしたサッカーに強みがあります。センターバックとしての活躍をみせていて、試合でも活躍しました。

ナルシストな性格であるところも、エゴイスト系ストライカーの素質があると思いますよ。

14位:御影玲王

御影玲王は、相手の技を真似る力に優れています。御曹司の息子で、今まで挫折した経験は少なかったです。

サッカーを始めた時期も短いですが、ポテンシャルが期待できるキャラです。新英雄大戦ではゲームを仕切る力にも成長を感じました。

13位:千切豹馬

千切豹馬は、50メートル走5秒77の速さを活かしたプレーが特徴的です。ただし過去に怪我をしたことで足がしびれることもあり、決定打に欠けています。

過去のブランクを克服すれば、さらに上位に入れるかもしれません。

12位:乙夜影汰

乙夜影汰は、忍者の末裔でスピード力に長けています。動き出しの速さでは、誰にも負けないと思いますよ。

ただし個人プレーよりも、チームプレーに長けているキャラだといえるのでこの順位にしました。

11位:馬狼照英

馬狼照英は、カーブシュートと高いフィジカルに強みがあります。自己中心的な性格で、エゴイストにふさわしいキャラだと思いますよ。

青い監獄(ブルーロック)で自分よりも強い存在がいることを知り、改めて王様(キング)になることを目指します。

ブルーロック|強さランキングTOP10~1

10位:烏旅人

烏旅人は、分析力に優れた選手です。相手の弱点を見抜く力があり、作中屈指の頭脳派といえます。

守備では糸師冴を止める活躍を見せていて、攻守のバランスに優れていますよ。今後得点力が伸びれば、さらに上位にランキングされる可能性もあります。

9位:蜂楽廻

蜂楽廻は、ドリブル力に優れた選手です。パス回しも的確で、チームの勝利に貢献してきました。

エゴイストなプレーも必要に応じて行えるところを見ると、生き残り候補の一人だといえますね。

ただしオリヴァ・愛空には及ばないところも見られたので、この順位としました。

8位:オリヴァ・愛空

オリヴァ・愛空は、U-20日本代表でセンターバックを務めています。キャプテンをしていて、チームの信頼も厚いキャラです。

大型DFとして世間からの注目も集まっています。青い監獄(ブルーロック)に敗れた際も、潔い態度を見せていますよ。

7位:國神錬介

國神錬介は、左足のシュート力の優れた選手でした。残念ながら第二次選考で脱落しますが、敗者復活することを決意して最終選考に戻ってきましたよ。

敗者復活できたのは、國神錬介だけです。戻ってきた後はフィジカルも含めてパワーアップしています。敗者からの生き残りもあるかもしれませんね

▶こちらもぜひ

【ブルーロック】脱落者&残ったメンバー一覧!その後や敗者復活の可能性もご紹介ブルーロックはサッカーをテーマにした作品ですが、生き残りをかけて戦う部分がユニークで面白いですよね。 そんなブルーロックで脱落者と残っ...

6位:雪宮剣優

雪宮剣優は、パワーとスピードのあるドリブルに優れた選手です。三次選考ではTOP6の一つであるNo.5にも選ばれていて実績があります。

ただしU-20日本代表戦では得点のチャンスを掴めなかったので、この順位としました。

5位:潔世一

潔世一は、本作の主人公です。最初は平凡な選手でした。しかし青い監獄(ブルーロック)プロジェクトに参加して、強くなっていきます。

高い空間認識能力とダイレクトシュート力に優れていますよ。今後さらに強くなる可能性のあるキャラだと考えられますね。

▶さらに詳しくはこちら

【ブルーロック】潔世一は弱い?覚醒した能力や武器をネタバレ!ブルーロックの主人公である潔世一。かっこいいやかわいいという声の多いキャラです。モデルや身長、体重など基本的な情報が気になりますよね。 ...

4位:凪誠士郎

凪誠士郎は、伍号棟のトッププレーヤーです。サッカー歴が短いのにもかかわらず、巧みなトラップ力で評価されています。

U-20日本代表戦でも同点を決める活躍を見せました。

3位:士道龍聖

士道龍聖は、決定力のあるシュートが強みです。凶暴性のある性格もエゴイストだといえると思います。

さらに士道龍聖はU-20日本代表チームのメンバーとして、青い監獄(ブルーロック)イレブンと戦いました。

すでにU-20日本代表チームとして戦える実力があるといえるでしょう。

2位:糸師凛

2位は、糸師凛です。糸師凛は、U-20代表戦でキャプテンを務めていました。空間認識能力や運動能力に加え、高いカリスマ性のある選手だと考えられます。

性格もメンバー随一のエゴイストであるところから、この順位としました。

▶こちらもぜひ

【ブルーロック】糸師凛のプロフィールや技まとめ!覚醒した能力や強さを考察ブルーロックに登場するキャラの中でも、糸師凛は主人公の最大のライバルといっても過言ではないキャラです。 そんな糸師凛のプロフィールや技...

1位:糸師冴

糸師冴は、糸師凛の兄です。世界的プレーヤーとして活躍していて、新世代世界11傑にも選出されています。

糸師凛も注目を得ていること、ブルーロックの中では最強キャラであることから1位としました。

今後も青い監獄(ブルーロック)のメンバーに立ちはだかる壁になってほしいですよね。

▶こちらもぜひ

【ブルーロック】アニメどこまで放送?何話何クール?いつから放送?ブルーロックは、週刊少年マガジンで連載中の人気漫画です。アニメ化が決まり、どこまで放送されるのか、何話何クール、いつから放送なのか気にな...

漫画をアニメ放送前に
おさらいするにはU-NEXTがおすすめ!

↓↓↓↓↓

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

お試し期間中の解約なら料金はかかりません
リンク先:U-NEXT公式サイト

まとめ

今回は、ブルーロックの強さランキングをご紹介してきました。

  • 糸師兄弟の強さは作中屈指と考察
  • 潔世一は徐々に強くなってきた
  • サッカー歴は短いが凪誠士郎も実力派

糸師冴と糸師凛は、主人公潔世一が生き残るために倒すべき相手です。潔世一がさらに強くなり、ライバルに立ち向かうところがブルーロックの見所の一つといえます。

他の選手も回が進むごとにパワーアップしていきますよ。誰が生き残っても不思議ではないと考えられます。

それぞれの強さに注目して、ブルーロックを楽しんでみてください。

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。