わたしの幸せな結婚 PR

【わたしの幸せな結婚】斎森美世の母親澄美の死亡理由とは?父親真一との政略結婚を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

わたしの幸せな結婚で主人公斎森美世の両親について、気になっている人が多いと思います。母親の澄美がなぜ死亡したのか、父親真一との政略結婚の謎などを詳しくまとめてみました。

両親のプロフィールや活躍についてもまとめているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

アニメを見て、原作を読みたくなった場合は、【eBookJapanが一番です!

初回購入限定で、6回使える70%オフのクーポンも発行しており、600円の漫画・小説を180円で購入できちゃいますよ♪
2800冊を超える、無料のマンガもあるので、これを機に無料登録だけして読み放題で利用するのもありですね!

  1. 登録無料で約3千冊の作品が読み放題
  2. 初回購入限定で、70%オフのクーポンも発行!
  3. セールやポイント還元などのキャンペーンが多い

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

わたしの幸せな結婚|斎森美世の母親澄美と父親真一のプロフィール

母親澄美:薄刃家の出身・父親:斎森家当主

母親の澄美は、人の夢に干渉する異能が生まれる薄刃家の出身です。作中開始時点では、すでに死亡しています。外見は、斎森美世によく似ていますよ。

父親の真一は、斎森家当主です。異能がない斎森美世を疎ましく思い、後妻や異母妹から虐げられていても無関心でした。

性格:母親は責任感が強い・父親は浅はか

性格は、母親の澄美は責任感が強く、明るくて前向きな女性として描かれています。

一方父親の真一は浅はかで、決断力のない人物です。作中では、頭があまりよくないといわれることもありました。また危機感が薄いことが、斎森家の没落につながったといえます。

▶こちらもぜひ

【わたしの幸せな結婚】家系図・人物相関図・アニメ版キャストをご紹介!わたしの幸せな結婚は、義母から虐げられていた主人公がイケメンと政略結婚することになるシンデレラストーリーです。結婚がテーマの一つである作...

年齢:両親とも不明

母親と父親ともに、年齢や生年月日は不明です。時代背景から考えると、母親の澄美は20歳前後で結婚した可能性があります。

斎森美世が2歳で亡くなっているため、20歳で結婚したとしても22歳ぐらいだと思いますよ。

父親は45代後半から50代前後にみえます。斎森美世が19歳という設定から考えると、父親が45歳として、26歳のときに長女が誕生したのなのではと考えました。

原作をアニメの続きから読む場合は【ebookjapan】一択!〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

漫画、映画、ドラマも好きな場合は【U-NEXT】がおすすめ!u-next_31

以下記事で特徴や他サービスとの比較を記載していますよ♪
★電子書籍サイトサービス比較★
★アニメ見放題動画配信サイト比較★

実写キャスト:母親は土屋太鳳、父親は高橋努

母親は、警部補ダイマジンやまれなどに出演している土屋太鳳さん、父親はクローズZEROや西郷どんなどで注目されている高橋努さんです。

▶こちらもぜひ

【わたしの幸せな結婚】実写映画の配信や無料フル視聴動画はどこでいつ見れる?DVDレンタルは?アニメが盛り上がっているわたしの幸せな結婚ですが、2023年3月17日に公開された実写映画版も話題になりました。アニメからハマったのでこ...

声優:母親は日髙のり子、父親は家中宏

アニメ版では、母親は日髙のり子さん、父親は家中宏さんが演じています。日髙のり子さんは、犬夜叉の桔梗やタッチの朝倉南などを演じてきたベテラン声優です。

同じく家中宏さんも、長年海外ドラマの吹替えを担当されています。アニメでは、こちら葛飾区亀有公園前派出所の本田速人が有名です。

わたしの幸せな結婚|斎森美世の母親澄美と父親真一の異能とは?どのような技・能力?

斎森美世の母親澄美:精神感応(テレパシー)の異能

母親澄美は、精神感応(テレパシー)の異能がありました。この能力をもつ薄刃家の女性は、夢見の力を持つ異能者を産むといわれています。

実際に娘の斎森美世も、人の夢に干渉する異能を持って生まれました。しかし娘の力が悪用されることを危惧した母親澄美は、斎森美世の能力を封じてしまいます。

このことから、母親澄美には封印する能力もあったと考えられますね。

▶さらに詳しくはこちら

【わたしの幸せな結婚】斎森美世の異能・夢見の才とは?無能は母親のせい?わたしの幸せな結婚の主人公である斎森美世。異能がなく、無能だと思われて不遇の人生を歩んできました。しかし斎森美世は、夢見の才という異能が...

父親真一の異能:風を操る

父親の真一は、風を操る力があります。ただし力はあまり強くなく、娘の婚約者にあたる久堂清霞と対面した際、全く歯が立ちませんでした。

わたしの幸せな結婚|斎森美世の母親澄美はなぜ死亡した?理由は?

死因:病死

作中では、死因は病死だとされています。時代が明治や大正であることを考えると、天然痘や結核などのはやり病だった可能性がありますよ。

さらに精神感応(テレパシー)の力があることから、知りたくない人の本音を知ってしまい、心労が重なった可能性もあります。

また父親真一がすぐにかつての恋人香乃子と再婚していることから考えると、澄美が病気になるように誘導されたのかもしれません。このあたり、原作で詳しく語られることに期待したいですね。

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

わたしの幸せな結婚|斎森美世の母親澄美と父親真一の政略結婚をした経緯とは?

両家の思惑が一致したから

まず斎森家は歴史ある名門ですが、強い異能者が生まれずに没落しそうになっていました。

一方薄刃家は、貿易会社「鶴木貿易」の経営が傾き、お金に困っていました。そこで両家は澄美と真一を結婚させて、斎森家は強い異能を持つ子供、薄刃家は資金援助を受けることになります。

しかし当時真一にはかねてから交際していた香乃子がいました。また澄美にも、父親が決めた甘水直という婚約者がいましたよ。

そのような2人が無理矢理結婚したことで、上手くいくはずはありません。結果、斎森美世が虐げられるようになります。

同じ政略結婚でも、斎森美世と久堂清霞との関係とは大きく異なりますよね。

まとめ

今回は、斎森美世の母親澄美と父親真一について紹介しました。

  • 斎森美世は物語開始時点で病死している
  • 父親の性格は思慮に欠ける
  • 母親には精神感応(テレパシー)、父親には風を操る異能がある
  • 両家の思惑で政略結婚させられた

斎森美世の母親澄美と父親真一は政略結婚の末結ばれましたが、あまり関係はよくなかったといえます。母親の病死も、何か裏があるのかもしれませんね

この機会にアニメでわたしの幸せな結婚を見返したいという人は、以下の記事も参考にしてみてください。

【わたしの幸せな結婚】アニメ無料動画配信まとめ|見逃し&再放送や1話~全話フル視聴サイトは?評価感想や上田麗奈など声優もわたしの幸せな結婚の見逃し配信や無料視聴動画サイトを紹介しますよ! どの配信サイトがいいのか特徴とともに比較しておすすめしていますー!...

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。