東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ】本当の黒幕は半間?もう一人のタイムリーパー?日向は敵?

東京リベンジャーズではタケミチが何度もタイムリーパーとして過去を変えているにもかかわらず、日向が生存していなかったり、マイキーが闇落ちしていたりと上手く行きません。

さらに黒幕だと思われていた稀咲を倒しても上手く行かないため、別に本当の黒幕がいるのではないかと考えられます。黒幕の有力候補の半間について詳しく考察してみました。

さらにタケミチの他にもう一人のタイムリーパーがいると予想できます。そこ誰なのか考えてみましたよ。

さらに日向はタケミチの敵なのかも考察してみました。

◆ この記事を読んでわかること ◆

  • 本当の黒幕は半間?
  • もう一人のタイムリーパーの存在について考察
  • 日向は敵なのか考察

Animon
Animon
U-NEXTなら、東京リベンジャーズのアニメが無料期間登録で見放題0円!

漫画が約1冊分(無料登録でもらえるポイント分)無料視聴可能!最新巻も見れちゃう!

東京リベンジャーズ|本当の黒幕は半間?

半間は、黒幕である可能性が高いキャラクターです。なぜ半間が黒幕と考えられるのか理由を3つ紹介していきます。

4巻32話で日向が亡くなった現場にいた

半間は、4巻32話で日向の車にアッくんの車が激突した事故の現場にいました。事故が起きる直前、タケミチは半間と遭遇します。

その際、半間はタケミチが車に乗っていないことを残念がる発言をしていました。そのため、半間は日向とタケミチの2人を亡き者にしようと計画していた可能性があります。

半間が黒幕だと考えれば、計画が成功したのか確認していたのではないかという見方もできますね。

稀咲鉄太と行動を共にしていた

タケミチらが黒幕だと疑っていた稀咲と半間は、常に行動を共にしていました。稀咲の駒のとして動く半間ですが、特に上下関係がある様子は感じません。

そのため稀咲に利用価値があると考えた半間が、稀咲を裏で操って行動させていた可能性があります。

稀咲は関東事変でトラックに轢かれて亡くなりますが、半間は黒川イザナを殺害した共謀者として指名手配されている状況ですが生き延びています。

黒幕の半間は、この時点で稀咲を見限った可能性があると思いますよ。

23巻のカバー下の半間のイラスト

東京リベンジャーズの原作コミックは、表紙カバー下にイラストが隠されていて仕掛けが施されていることで知られています。

例外はあるものの、カバー下には過去のワンシーンが描かれていることが多いです。23巻の表紙は過去の半間ですが、カバー下には線路の上でどこか死を連想させるような黒い衣装を着て笑う大人の半間が描かれています。

線路と言えば、東京リベンジャーズの物語の冒頭でタケミチが線路に突き落とされたシーンが思い出されますよね。

そのためアッくんがタケミチを線路に突き落とした件に、真の黒幕である半間が関係していたのではないかと深読みできます。

Animon
Animon
U-NEXTなら、東京リベンジャーズのアニメが無料期間登録で見放題0円!

漫画が約1冊分(無料登録でもらえるポイント分)無料視聴可能!最新巻も見れちゃう!

東京リベンジャーズ|もう一人のタイムリーパーの存在について考察

東京リベンジャーズでは、タケミチ以外にもう一人タイムリーパーがいる可能性が高いです。もう一人タイムリーパーは、タケミチが変えた過去をさらに改ざんして上手く行かないようにしていると考察できます。

もう一人タイムリーパーと思う人物を3人まとめてみました。

半間

黒幕説のある半間は、タイムリーパーではないかと考察できます。半間が行動を共にしていた稀咲は、タイムリーパーの存在を知っていました。半間がタイムリープの話を稀咲にしていた可能性があります。

さらに半間が手の甲に「罪」「罰」という刺青を入れている点も意味深です。もう一人タイムリーパーがタケミチと同じ能力であれば、握手でタイムリープする可能性が高いと思います。

もし半間がタイムリーパーであれば、手の刺青は何らかの意味を持っている可能性が高いです。今後明かされるか展開が楽しみですね。

佐野万次郎

佐野万次郎は、現代で他のメンバーが亡くなっていても基本的に生存しているキャラクターです。また自分に制御できない黒い衝動があると語っていることから、基本的に自分の幸せな未来を望んでいないと考察できます。

そのためタケミチが幸せになる未来を作ってくれたとしても、タイムリープして過去を変えているのではないかと疑わしいキャラクターです。

橘日向

橘日向は、アニメのエンディングと原作漫画の表紙カバー下のイラストからタイムリーパーではないかと考察できるキャラクターです。

アニメ1期1クールのエンディング曲「ここで息をして」の40秒ぐらいのところからまるで橘日向がタイムリープしているような演出がされています。

さらに原作漫画の22巻の表紙カバー下の橘日向が、タイムリープ中だと解釈できるようなイラストです。

東京リベンジャーズには伏線も多く、こうしたアニメの演出やカバー下のイラストでタイムリーパーであることを暗示している可能性もあります。

Animon
Animon
U-NEXTなら、東京リベンジャーズのアニメが無料期間登録で見放題0円!

漫画が約1冊分(無料登録でもらえるポイント分)無料視聴可能!最新巻も見れちゃう!さらにポイント以降も最大40%ポイント還元と格安購入が可能です♪

キャラクターブックだけでも格安でぜひみてみてください♪

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

お試し期間中の解約なら料金はかかりません
リンク先:U-NEXT公式サイト

東京リベンジャーズ|日向は敵なのか考察

日向はタイムリープしているといわれ、黒幕や敵なのではないかといわれることが多いです。しかし、個人的には敵ではないと考察します。

日向とタケミチの関係は本物

日向とタケミチは、恋人同士でした。日向がタケミチに向ける愛は本物で、タケミチを陥れようという感じはしません。

そもそも物語はタケミチが忘れられない恋人の日向を救うため、タイムリープをしています。大人なった日向も何度か登場しますが、変わらずタケミチを思っている様子です。

仮に日向がタイムリープしていたとしても、タケミチを助けたいという思いから過去を変えていると考察できます。

自分を犠牲にするか疑問が残る

日向が敵であれば、何度も自分が亡くなるような未来にはしないと思いますよ。もう少し自分が助かるような立ち振る舞いをしてもおかしくありません。

敵だったとしても、自己犠牲が強すぎる気がしますよね。自分が亡くなったことでタケミチに精神的なショックは与えられると思いますが、命を懸けてまで敵をするかとは考えにくいです。

目的が不明

日向が敵だったとしても、目的が不明です。タケミチを陥れたかった、マイキーらが苦しむ姿が見たかったのかといわれても、日向のキャラクター像から考えるとかけ離れています。

もし日向が敵であれば、まだ明かされていない何らかの目的があると思いますよ。今後の展開に注目ですね。

Animon
Animon
U-NEXTなら、東京リベンジャーズのアニメが無料期間登録で見放題0円!

漫画が約1冊分(無料登録でもらえるポイント分)無料視聴可能!最新巻も見れちゃう!

まとめ

今回は、本当の黒幕についてご紹介してきました。

  • 半間が黒幕である可能性が高い
  • タイムリーパー候補は複数いる
  • 日向が敵ではないと考えられる

まだ謎が多い東京リベンジャーズですが、半間が黒幕であれば伏線がすっきり回収されて綺麗に物語が進むと思います。

黒幕は別にいる可能性があるため、東京リベンジャーズの結末から目が離せません。タイムリーパーも現状誰か分からず、日向もまだ秘密がありそうで、続きが楽しみですね。

ますます盛り上がりを見せる東京リベンジャーズの世界を楽しみたいと思います。

本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。