ブルーロック

【ブルーロック】蜂楽廻のプロフィールや能力まとめ!テクニカルなドリブルやかいぶつについて解説!

蜂楽廻は、ブルーロックで入寮テストから活躍する人気キャラです。そんな蜂楽廻のプロフィールやかっこいい名言能力を詳しくまとめてみました。

蜂楽廻が気になる、ブルーロックのキャラを深く知りたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ブルーロック|蜂楽廻のプロフィール

誕生日:8月8日

蜂楽廻の誕生日は、8月8日です。無邪気な性格をしている蜂楽廻は、夏生まれといわれて納得ですよね。

年齢:17歳

蜂楽廻は、波風高校の17歳です。サッカーは6歳からスタートしたので、サッカー歴は11年だと考えられますね。

血液型:AB型

血液型は、AB型です。AB型の男性は、血液型占いで気まぐれといわれることもあります。マイペースで何を考えているか分かりにくい蜂楽廻の印象にぴったりですね。

出身地:千葉県

出身は千葉県で、芸術家をしている母親と生活していました。

身長:176cm

蜂楽廻の身長は176㎝、足のサイズは27.5cmです。潔世一が175㎝、千切豹馬が177㎝なので、ブルーロックの高校生組にとっては普通ぐらいの身長だと思いました。

まだ17歳なので、ここから伸びる可能性もありそうです。

▶こちらもチェックしてみてください。

【ブルーロック】強さランキングTOP25!潔や凪で強いのは誰?能力や実績から考察!ブルーロックでは、FW選手総勢300名が生き残りをかけて戦います。そこで気になるのは、強さランキングですよね。 そこで今回は、能力や実...

その他

好きな食べ物は缶詰のパイナップル、嫌いな食べ物はもずくですよ。苦手科目は社会で、好きな科目はありません。

勉強よりも、サッカーが好きということだと思います。

声優:海渡翼さん

声優は、ぷろだくしょんバオバブ所属の海渡翼さんです。海渡翼さんは、あんさんぶるスターズ!! Basic / Musicの桜河こはく役、DREAM!ingの浅霧巳陽役で知られています。

今後の活躍が期待できる注目の若手声優です。

▶こちらもぜひ

【ブルーロック】アニメどこまで放送?何話何クール?いつから放送?ブルーロックは、週刊少年マガジンで連載中の人気漫画です。アニメ化が決まり、どこまで放送されるのか、何話何クール、いつから放送なのか気にな...

モデルの人物:ロナウジーニョ、ジョー・コール、ロベール・ピレス

蜂楽廻のモデルは、公式には明かされていません。しかし予想外なプレーを繰り出すロナウジーニョ、華麗なドリブルテクニックのジョー・コール、ロベール・ピレスが候補として考えられますよ。

▶こちらもぜひ

【ブルーロック】脱落者&残ったメンバー一覧!その後や敗者復活の可能性もご紹介ブルーロックはサッカーをテーマにした作品ですが、生き残りをかけて戦う部分がユニークで面白いですよね。 そんなブルーロックで脱落者と残っ...

ブルーロック|蜂楽廻の能力や長所は?

テクニカルなドリブルが得意

蜂楽廻の能力や長所は、見事なドリブルです。テクニカルかつトリッキーな動きで、周りを翻弄してきました。

超速シザース

1次選考のチームV戦で蜂楽廻が披露した技です。その後続けてフェイントスピンを決めて、御影玲王を抜き去りました。

空中エラシコ

同じくチームV戦で、剣城斬鉄を抜く際に使用されました。蜂楽廻のモデルと考えられるロナウジーニョも得意な技です。

シザース鬼フェイク

シザース鬼フェイクは、Uー20との試合で披露されました。オリヴァ・愛空を追い抜く際に利用されましたよ。

スマッシュモンスターリフト

スマッシュモンスターリフトもUー20戦で披露されます。シュートすると見せかけて、手の頭上すれすれをボールが飛んでいくという技です。

ワイドダブルタッチ

Uー20戦で登場した蜂楽廻の技です。チームの勝利に貢献しました。

ダブルギア・ダブルタッチ

新英雄大戦で新たな戦法を獲得後に身に着けた技です。國神錬介も敵わないドリブル術でした。

抜群のパスセンス

蜂楽廻は、パスセンスにも優れています。特に潔世一に自分と同じかいぶつがいると確信した入寮テストでのパスは見事なものでした。

その後も蜂楽廻の的確なパスは、チームの勝利に貢献し続けています。

ブルーロック|蜂楽廻の名言は?

俺の中の”かいぶつ”が言ってる…「絶体絶命ってやつはビビる局面じゃない!ワクワクする舞台!

蜂楽廻は幼少の頃から、心の中にいるかいぶつの声に従ってサッカーをしてきました。かいぶつは、子供時代から優秀なサッカー選手だった蜂楽廻の孤独が生み出した存在だと考えられます。

この名言はブルーロック4巻28話で、チームVで負けそうになったメンバーに向かって蜂楽廻が語った言葉です。

嫌だ!!嫌だ!!嫌だ!!今はもうキモチとかエゴとかどーだっていい 死んでも勝つ!!!

ブルーロック10巻82話での名言です。WHITEとREDに分かれた戦いで、周囲の成長に起きていかれていると感じた蜂楽廻の思いが感じられる名言ですよ。

それが俺を解き放つはじまりのエゴだ!!!

2次選考でかいぶつと決別を決めて、強引にシュートを決めようとした際に蜂楽廻が語った名言です。10巻84話で自分の殻を抜け出した瞬間の言葉でした。

ただし残念ながら蜂楽廻のゴールは、潔世一に阻止されて決まりませんでしたよ。

ブルーロック|蜂楽廻の活躍や成長

1次選考:華麗なドロップシュートでのゴール

1次選考では、チームV戦での活躍が目立っていました。負けを覚悟したほかのメンバーを鼓舞するように、玲王や斬鉄を抜き去り、華麗なゴールを決めています。

その後も的確なパスでチームを鼓舞しました。1次選考のチームZを勝利に導いた立役者といっても過言ではありません。

2次選考:「”かいぶつ”なんかいらない!!!」

2次選考では、糸師凛から単独で戦うことに恐れを抱いていると指摘されます。その後潔世一の成長ぶりに置いていかれたと感じ、迷いのあるサッカーをしてしまいました。

苦しむ中で、自分の中にあるかいぶつが足を引っ張っていることに気が付きます。怪物との決別を決め、エゴイストなプレーも躊躇なく行えるようになりました。

3次選考:U-20日本代表の選抜メンバーに選ばれる

3次選考ではTOP6には選ばれなかったものの、7番目の成績を収めていたことで蜂楽廻は2回試合に出場します。

蜂楽廻はチームAの試合で1点を決め、U-20日本代表の選抜メンバーになりました。

Uー20戦:怪物夢中(モンスタートランス)

Uー20戦では、オリヴァ・愛空を前に苦戦します。しかし後半から集中力を高めて覚醒し、怪物夢中(モンスタートランス)と呼ばれる集中状態になりました。

蜂楽廻の活躍もあり、チームは勝利します。

Uー20戦後:「ジンガ×モンスター」

新英雄大戦では、スペインチームを選ぶ蜂楽廻。指導者ラヴィーニョから高く評価された蜂楽廻は、ジンガ×モンスターと呼ばれるドリブル戦法を身に着けました

ジンガ×モンスターは、左右の足の軸を適宜かえることでボールを足から離さないという技のことです。

今後さらに強くなる蜂楽廻から目が離せませんね。

漫画をアニメ放送前に
おさらいするにはU-NEXTがおすすめ!

↓↓↓↓↓

無料期間からもらえるポイントで
漫画も毎月1〜2冊無料視聴可能!

お試し期間中の解約なら料金はかかりません
リンク先:U-NEXT公式サイト

まとめ

今回は、蜂楽廻について紹介してきました。

  • 蜂楽廻の殻を破る名言がかっこいい
  • ドリブル力やパスの力に優れている
  • 8月8日生まれの17歳

蜂楽廻は、序盤から登場する主人公である潔世一と関わりの深いキャラです。選考が進むにつれて、新しい技を編み出していると感じますよ。

蜂楽廻の高いドリブル力によってチームが勝利したこともあったので、今後の成長に期待したいところです。

蜂楽廻がアニメでどのような活躍をみせるのか、今から楽しみにしたいと思います。

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。