炎炎ノ消防隊 PR

【炎炎ノ消防隊】ジャガーノートの能力と強さは?死亡か生きてるか真相は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

主人公シンラの同期であり、第2消防隊所属のジャガーノート

体の大きさの割には気が弱く、消防官なのに炎を見ると怯えてしまうジャガーノートですが、実はすごい能力の持ち主なんです。

この記事ではジャガーノートのプロフィールや、どんな能力があって、なぜ強いのかをお伝えしていきます。さらにジャガーノート死亡説の真相もお教えしますので、ネタバレにご注意ください!!

  • ジャガーノートのプロフィール
  • ジャガーノートの能力と強さ
  • ジャガーノートは死亡か生きてるか

アニメを見て、原作を読みたくなった場合は、【eBookJapanが一番です!

初回購入限定で、6回使える70%オフのクーポンも発行しており、600円の漫画・小説を180円で購入できちゃいますよ♪
2800冊を超える、無料のマンガもあるので、これを機に無料登録だけして読み放題で利用するのもありですね!

  1. 登録無料で約3千冊の作品が読み放題
  2. 初回購入限定で、70%オフのクーポンも発行!
  3. セールやポイント還元などのキャンペーンが多い
Animon
Animon
炎炎ファンにはぜひ作者の前作「ソウルイーター」もみてみて欲しいです!炎炎同様魅力的なキャラ多数ですよ♪

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

 

炎炎ノ消防隊|ジャガーノートのプロフィール

ジャガーノートの本名は武能登(たけるのと)です。身長203cm体重85kgの恵まれた体型でありながら、臆病で気が弱い性格です。

炎が怖くてしかたないのですが発火能力に目覚めてしまい、自分の出す炎ですら怖いので、消防隊に入ればいつでも鎮火してもらえると考え入隊しました。

出身は中華半島のジャガイモ農家で、ジャガイモについて話すときはいきいきとしています。

「炎炎ノ消防隊」アニメ2期の中華半島上陸作戦では、ジャガーノートのお母さんも登場しましたが、親子で話すときはどこのものかわからない訛りで会話していました。

ジャガーノートのご両親は、遠い地で人を守るために働く息子を心配しながらも応援しており、いつかかわいいお嫁さんを連れて帰ってきてくれることが楽しみにしています。

▶︎タマキは第8にいつまでいるの?能力(技)の覚醒や環の過去は?
※リンクはページ最後にもあります

炎炎ノ消防隊|ジャガーノートの能力と強さ

ジャガーノートは、発火能力がある第三世代の能力者です。

気が弱くいつもおどおどしているジャガーノートですが、実は第2特殊消防隊では一目置かれる強さの持ち主です。メンタルが伴えば、シンラとも対等にやり合える程の能力があります。

強さ①:圧倒的なパワー

武能登がなぜジャガーノートと呼ばれているかというと、理由は2つあります。

1つ目の理由はじゃがいも農家出身だということから、じゃがいも+能登でジャガーノート。2つ目の理由は能力を使う姿が“破壊兵器(ジャガーノート)”だからです。

ジャガーノートは炎をミサイル等の兵器の形に変えて攻撃できます。その威力はすさまじく、人間数人は軽く吹っ飛んでしまうほどです。

いつもおどおどしていて、炎に怯える姿からはなかなか想像ができないのですが、本気を出したジャガーノートにかなう消防隊員はいないかもしれません。

強さ②:打たれても体に命中しないほどの着ぶくれ

ジャガーノートは心配性な性格故に、炎に囲まれても大丈夫なように防火服を相当着込んでいます。もともと背は高いのですが、戦闘の際には防火服によってかなり着ぶくれしているようです。

そのため敵が放った攻撃が何発か当たったくらいでは、服に穴があくだけでジャガーノート本体には命中しません。

明らかに体ど真ん中に穴があいても本体が無傷なこともあり、防火服の中で体がどうなっているのかは謎です。打たれても打たれても再生して元通りになる姿にシンラも驚いていました。

特殊な目を持つ第2の弾木先輩は、ジャガーノートの服の中身を完全に把握していたようすですが、それ以外の人がジャガーノートの体に傷をつけることは至難の技です。

▶︎ネザーの正体ネタバレ!地下が禁止な理由や今後の結末は?
※リンクはページ最後にもあります

炎炎ノ消防隊|ジャガーノートは死亡?生きてる?

第2と第8が合同でネザーを調査した際に、ジャガーノートは第8のタマキと同じチームになります。ジャガーノートはタマキに好意を寄せていました。

ネザーでの調査中に白装束の一味に襲撃され、ジャガーノートとタマキは紫煙騎士団のオロチと遭遇してしまいます。

一緒にいた弾木先輩もやられてしまい、絶対絶命の2人。ジャガーノートが怯えているため、タマキがまずは先頭にたって攻撃します。炎の耐性が強いタマキは、オロチの攻撃を受けても致命傷にはなりませんでしたが、次第に追いつめられるタマキ。

そのときタマキを助けたのはジャガーノートでした。体のデカさに見合う勇気のある男になりたいと覚悟したジャガーノートは、大好きなタマキを守るために奮起したんですね。

ジャガーノートが撃たれても倒れず攻撃を仕掛けたおかげで、オロチを倒すことができました。手がちぎれても攻撃の手をゆるめなかったジャガーノートの姿は鬼気迫るものがあります。

この戦いでジャガーノートは右腕と左足を失ってしまいます。血だらけで横たわり、「地下で死ぬなら本望だ。じゃがいもだけに」などといって動かなくなるジャガーノートを見て、タマキだけでなく読者もみんな、ジャガーノートは死んだと思ったことでしょう。

しかし!ジャガーノートは生きていました!!

瀕死の状態ではありましたが、じゃがいもが掘り出されるかのように地上に生還できたのです。まさにじゃがいも並の生命力。

片腕片足は失ってしまったものの、次の巨大焔人との戦いではなくなった部分を補ってパワーアップした装備で復活します。

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

 

アニメを見て、原作が気になるあなたは
eBookJapanが一番!

初回6冊70%OFF!

アニメも漫画も見るなら
U-NEXTがお得!
31日間無料期間あり!

まとめ

じゃがいも農家の出身で気弱な性格のジャガーノートは、破壊兵器と呼ばれるにふさわしい能力の持ち主です。

さらには好きな子を命がけで守る男気もあります。ネザーでの戦いで、もっともっと強くならなくてはと痛感して、ジャガーノートの心境にも大きな変化があったようです。

ネザーからなんとか生還し、パワーアップしたジャガーノートのに注目していきましょう。

  • 気弱なジャガーノートはじゃがいも農家出身
  • ジャガーノートの強さはパワーと着ぶくれ
  • ジャガーノートは生きていた!!

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。