日常/ほのぼの

ゆるキャン△|アニメ無料動画を1話〜最終回まで全話フル配信しているアプリまとめ!再放送はいつある?へやキャンも

ゆるキャン△
\ 動画を無料視聴するならココ! /

配信サービス 配信状況 無料期間

U-NEXT

見放題
31日間無料
今すぐみる
600pt付与

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

Animon
Animon
U-NEXTが1番おすすめの配信サイトとなります。U-NEXTでは、ゆるキャン△、へやキャン△、Bluelay&DVDに収録のTV未放送アニメーションも無料視聴できます!

さらにゆるキャン△の原作漫画も配信されており、ポイント視聴できるので、ぜひ確認してみてください。

U-NEXTがおすすめな理由

毎月マンガ購入や映画レンタルする人は
断然U-NEXTがお得!

  1. 無料お試し期間が31日間と業界最長
  2. 動画200,000本見放題!動画配信サービスダントツNo.1
    2020年時点
  3. 雑誌80誌以上が無料読み放題
  4. 漫画・書籍・ラノベ570,000冊以上
  5. 漫画購入は最大40%還元
  6. ポイントで最新映画や漫画が無料視聴可能
    お試し期間は600pt・継続すると毎月1,200pt付与
  7. ポイントでNHK作品の視聴が可能
  8. ポイントで映画クーポン取得可能(最大半額)
  9. アダルト作品取り扱いアリ
  10. スマホアプリ・テレビでも視聴可能
  11. ファミリーアカウントが作れる(4人同時視聴OK)

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

 

この作品を配信中の
\ 動画配信サービスをチェック /

配信サービス 配信状況 無料期間

U-NEXT

見放題
31日間無料
今すぐみる
600pt付与


FODプレミアム

見放題
2週間無料
今すぐみる
最大900pt付与


Hulu

見放題
2週間無料
今すぐみる

ABEMAプレミアム
見放題
2週間無料
今すぐみる


TSUTAYA
DISCAS

宅配DVD借放題・
動画1話無料
31日間無料
今すぐみる


dアニメストア

見放題
31日間無料
今すぐみる


Amazonプライム

見放題
30日間無料
今すぐみる


NETFLIX
×
配信未定
無料期間なし
今すぐみる

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

Animon
Animon

TSUTAYAはネット宅配レンタルと動画配信サービスの2つのサービスを楽しむことができ、宅配レンタルの方はゆるキャン△・へやキャン△・Bluelay&DVD収録アニメーション借放題です!

動画配信サービスは第1話が無料視聴可能!以降は登録時にもらえるポイント分は無料視聴可能です♪

ゆるキャン△やその他関連動画・他アニメやドラマなどを気軽に楽しみたい方は動画配信サービスのU-NEXT!ジブリなど動画配信されていない作品も楽しみたい方はTSUTAYAがおすすめです♪

ゆるキャン△|再放送や見逃し配信はいつある?

待望のTVアニメーション「ゆるキャン△ SEASON2」が2021年1月より始まることが決定していますね!

まだ「ゆるキャン△ SEASON1」を観ていない方、もう1度観たい方のために見逃し配信や再放送はされていないのでしょうか?調べてみました!

公式で公開されている情報によると、BS11にて2020年10月5日から、毎週月曜日23時30分より再放送されていることが判明しました。

しかし、既に見逃してしまった方や、BS11が観れない方、23時30分という時間に視聴するのが難しい方もたくさんいると思います。

そこでおすすめなのが、無料トライアルも付いている動画配信サービス「U-NEXT」

「ゆるキャン△ SEASON1」はもちろん、ゆるキャンの関連アニメ「へやキャン△」や、普段と違う野外サークル「野クル」の新たな魅力が引き出されている「サバキャン△」、犬山姉妹のほら吹きが炸裂する「ほらキャン△」なども無料期間中を利用すれば無料視聴することができます!

さらに原作漫画もポイント視聴で格安に読むことができます。

その他にも、「FOD」「Hulu」「Abema」「TSUTAYA TV」「TSUTAYA DISCAS」「dアニメストア」「AmazonPrimeVideo」などの動画配信サイトで視聴可能ですが「へやキャン△」や「サバキャン△」「ほらキャン△」「原作漫画」などの関連動画も全て視聴できる&他アニメやドラマや雑誌など見放題数No.1の「U-NEXT」が1番おすすめです。

U-NEXTならアプリもあるのでスマホやタブレットなどでもサクサク気軽にみれること間違いなし!無料お試し期間に登録して、使わなければ解約も簡単なので気軽に体験してみてください♪

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

ゆるキャン△あらすじ

ある冬の日の物語。なでしこは静岡から山梨に引っ越してきた女子高生。

有名な富士山を見るために自転車で本栖湖まで行きますが、なんと天気はあいにくの曇り空。富士山も見ることができず、自転車で疲れ果てその場で眠ってしまいました。

目が覚めたらすっかり夜。初めての場所なので、帰り道も分かりません。心細くなっていたなでしこを助けてくれたのは1人キャンプが大好きな女の子のリンでした。

体を温めるため焚き火にあたるなでしことリン。焚き火を囲みながら、カレーめんをすする2人。そして、待ちに待った富士山が見えるのでした。

なでしことリンの織りなす、アウトドア系ガールズストーリー。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第1話「ふじさんとカレーめん」

2018年1月4日 23時00分 放送

女子高生の志摩リン。趣味は1人キャンプ、ソロキャン。

11月のシーズンオフ、自転車で本栖湖へソロキャンに向かいます。冬のキャンプ場は誰もいない貸し切り状態のはずが、ベンチで眠っている各務原なでしこを発見します。

山梨に引っ越してきたばかりの各務原なでしこは、富士山を見にきたのでした。ひょんな出会いから、2人は夜の本栖湖で一緒に過ごすことになります。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

焚き火にあたる女の子たち。マシュマロを焼いたり、ココアを飲んだりしています。

寒空の中、本栖湖を目指し、一生懸命自転車を漕ぐ志摩リンは、途中でベンチで爆睡する女の子を見付けました。

そしてシーズンオフの貸し切り状態のキャンプ場で、1人キャンプの準備を始めます。キャンプには慣れていて、準備もばっちりです。

あまりの寒さのため、面倒なので好きではない焚き火をおこすことに決めました。手際良く薪を集めます。途中でトイレに向かうと、なんと先ほどベンチで寝ていた女の子が今度は地面で寝ています。

とりあえず見て見ぬ振りをし、順調に焚き火をおこし温まります。

暗くなってきたのでランタンの準備をし、スープを飲み過ぎたのでまたトイレに行ったところ、先ほどまで爆睡していた女の子が泣きながら追い掛けてきました。

女の子は山梨に引っ越してきたばかりで、自転車で富士山を見にきたら疲れて寝てしまったということです。リンは自宅に電話して迎えに来てもらうよう提案しますが、スマホが見つからない様子です。

最近スマホを買ったので、自分の番号も分からない女の子。

お腹が空いている女の子にカレー味のカップラーメンをご馳走します。手際の良いリンの様子に感動する女の子。リンはふと誰かとキャンプをしたことがない自分に気付きます。

女の子はご馳走になったカレーめんを美味しそうに食べています。2人がカレーめんを食べ終わった頃、月明かりに照らされた綺麗な富士山が見えたのでした。

そして、お姉ちゃんの電話番号を知っていることを思い出した女の子は、無事に迎えに来てもらいます。

変な女の子だったなと思い、キャンプ場へ戻ろうとしたところに、さっきの女の子がお姉ちゃんに聞いた自分のスマホの番号を書いた紙を渡しに戻ってきました。そこには電話番号と「各務原なでしこ」と書かれています。

新しい学校へ向かう各務原撫子。なんとリンと同じ学校だったのです。

感想&評価はコチラ

見るからに寒そうな冬の本栖湖ですが、澄んだ空気の中でのキャンプ、気持ちが良さそうです。

寒い中で食べるカレーめんはとても美味しそうでした。特に各務原なでしこは外のベンチで転がりながら暗くなるまで寝ていたので、体の芯から温まったことでしょう。

志摩リンのとても手際の良いキャンプ準備とその知識は、どこで手に入れたのでしょうか。焚き火を起こす様子は本当にキャンプのプロそのものでした。

女の子でソロキャンプが趣味ってかっこいいですよね。自然の中で、のんびり本を読んだりしながら静かに過ごすキャンプに憧れます。

騒がしい性格の各務原なでしこととってもクールな志摩リンとの出会いから始まる、これからの物語が楽しみです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第2話「ようこそ野クルへ!」

2018年1月11日 23時00分 放送

すっかりキャンプに魅了されたなでしこは、転校先の高校で野外活動サークル「野クル」の存在を知ります。

すぐに野クルに入会したなでしこですが、メンバーは大垣千明と犬山あおいの2人しかいませんでした。

いつもの活動はキャンプ道具も使わず、焚き火をおこして、コーヒーを飲む程度。3人は張り切って高校のグラウンドでテントを組み立てることにします。

その様子を校舎内から見ていたリン。野クルに誘うなでしこですが、リンの反応はいまいちだったのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

放課後に1人、本を読みながら今度のソロキャンで作る食事考えているリン。ふとなでしこを思い出します。

一方なでしこは、リンとすれ違ったことも分からず走って野外活動サークルの部室に到着しました。いろいろキャンプのイメージを膨らませながら部室のドアを開けたところ、あまりの狭さに驚きます。

部室には誰もいないので、ちょっと物色してたところに大垣千晶がやってきます。誰もないはずの部室になでしこがいたので、驚いてドアを閉めてしまいました。

その後からやってきた犬山あおいは、千秋の不審な行動を見て唖然としています。

部室がこれ以上狭くなるのが嫌で入会を断ろうとした千明をあおいが止めます。今はサークルですが、4人以上部員が集まると部に昇格し、広い部室が貰えるのです。

無事に野外活動サークル「野クル」に入会できたなでしこ。いつもの活動内容を聞くと、校内の落ち葉を燃やしてコーヒーを飲んだりしているそうです。

千明は、夏に注文してまだ1回も使っていない激安980円テントを持ち出します。3人は校庭の中庭でテントを組み立ててみることにしました。

その様子を校内で髪を斉藤恵那にいじられていたリンが見つけました。なでしこが同じ高校だと知ります。

なでしこたちは一生懸命テントを組み立てますが、支柱が折れてしまいました。なぜが偶然応急処置に使えるパイプを持っていた恵那。リンに助けに行くよう提案しますが、すごく嫌そうなので、自分が行くことにします。

恵那のおかげで980円テントが無事に完成します。なでしこから隠れたがっていたリンの気持ちとは裏腹に、恵那は野クルのみんなにリンの存在を教えてしまいます。再会に大感激のなでしこなのでした。

今回は富士山の目の前の麓キャンプ場にソロキャンに向かうリン。スムーズにテントを組み立てます。アウトドアご飯を作ると意気込んできたのですが、キャンプ場までの道のりにスーパーがなく結局カップ麺になりました。

今回のキャンプではタープを借りたり、芝生のため焚き火台を借りなくてはならなかったりするので、お金がかかります。

とりあえず散策をするリン。いろんな景色をスマホで撮り、恵那に送ります。

実はこの前なでしこと再会した時、野クルに誘われていたのですが、ソロキャンが好きなリンは、つい嫌な顔をしてしまったことを反省しています。

そんなことを思い出していると、なでしこが呼ぶ声が聞こえてくるような気がしました。気のせいと思っていたら、目の前にいろんな材料を抱えたなでしこが立っています。

なんと恵那がなでしこにリンの居場所を教えていました。そこでなでしこは、土鍋と鍋の材料を買い込んできたのでした。

感想&評価はコチラ

ゆるキャンは正しいキャンプの知識で描かれているの、観ているだけですごく勉強になりますね。

テントにも種類があったり、キャンプ場にも直に焚き火をして良いところもあれば、地面が芝生のため台を使わなくてはならないところもあったりいろいろあるんですね。

そしてそれなりに良いキャンプ場はお金もかかる事が分かりました。

でも、絶対寒いとは思いますが、冬の澄んだ空気のキャンプは観ているだけで気持ち良さそうです。

無事にリンとなでしこも再会できましたし、リンもソロキャンが好きな気持ちの中に、少しなでしこと過ごしたキャンプの楽しかった気持ちも混じり、少しずつ気持ちに変化が出てきそうです。

次回はキャンプで鍋パーティーですね。寒いキャンプ場での鍋はきっと格別なのではないでしょうか。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第3話「ふじさんとまったりお鍋キャンプ」

2018年1月18日 23時00分 放送

前回、富士山の麓キャンプ場でソロキャンをしていたリンのところに突然やってきたなでしこ。

恵那からリンが麓キャンプ場にいると聞いて、この前の本栖湖でのカレーめんのお返しに、お鍋をご馳走しようと思いやってきたのでした。

初めはなでしこが作る料理に不安を感じていたリンでしたが、完成した坦々餃子鍋は、冷えた体をぽかぽかに温めてくれる美味しさです。

そして、お鍋を食べながら、2人はのんびりおしゃべりを始めるのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

自宅の物置小屋からテントを出し組み立てるなでしこ。キャンプ用のテントではなかったようです。

そこに恵那からリンのソロキャンプ情報のラインが入りました。鍋の材料を準備し、お姉ちゃんにリンのいるところまで車で送ってもらいます。

麓キャンプ場でリンを見付けかけ寄るなでしこなのでした。

餃子鍋を作ろうとするなでしこに手伝いを申し出るリンですが、断られます。ちょっとなでしこの料理に不安を感じます。

なでしこはこの前のカレーめんのお礼に、鍋を作ろうと思ってきたのでした。

千明とあおいは今後の活動資金のためアルバイトの面接をしていました。無事に2人とも採用されたようです。

麓キャンプ場ではなでしこ特製の坦々餃子鍋が出来上がりました。リンはとても美味しそうに食べています。唐辛子が効いて体の芯から温まる2人。

リンは野クルを誘ってもらった時の態度を謝ります。なでしこもあおいから、リンは1人キャンプが好きなのだろうというアドバイスをもらっていました。

2人で毛布に包まりながら、まったりと話をしています。だんだん2人ともウトウトしてきました。

リンはテントで、なでしこはお姉ちゃんの車の中で1泊します。なでしこは富士山の日の出を見るため、目覚ましをかけていました。お姉ちゃんが朝食を買いに行ってくれている間に、リンのところへ向かいます。

リンの椅子を借りながら富士山の日の出を見て、大満足ななでしこ。しかし、早起きしたため眠くなりリンのテントに勝手に入り眠ってしまいます。

学校の図書館でストーブに当たりながら、なでしこと撮ったキャンプの写真を見ているリン。そこに恵那が話しかけてきます。

リンは冬の静かで澄んだ空気のキャンプが好きなので、冬の時期だけしかキャンプをしないようです。次のソロキャンプの行き先を尋ねられ、またなでしこに伝えるのではと疑いの眼差しで恵那を見ます。

この前麓キャンプ場で隣に寝ていたなでしこを起こすときに、初めて名前を呼んだリンなのでした。

感想&評価はコチラ

坦々餃子鍋、すっごく美味しそうでしたね。冬の麓キャンプ場で食べる、ちょっと辛い体の芯から温まる鍋は格別の味がしそうです。

そして、富士山の綺麗な日の出が見れたら、気持ちの中から浄化されそうですね。

それにしても、なでしこには見た目のかわいさに反して、行動力のすごさに毎回驚かされます。

リンはソロキャンが好きなのは間違いないと思いますが、なでしことの鍋キャンプを経験して、少し気持ちが変わってきているのではないかと思います。

そして、最後になでしこの名前を呼んだリンを見ると、だいぶ打ち解けている気がしました。

恵那から麓キャンプ場でのなでしことの写真を見てにやけていると指摘され、慌てるリンがとてもツンデレでかわいかったです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第4話「野クルとソロキャンガール」

2018年1月25日 23時00分 放送

いよいよ野クルの活動が本格的に始動します。まずはイーストウッドキャンプ場に行くことになりました。

しかし、まだキャンプ道具が完璧に揃っていない野クルは、身の回りにあるものを代用して何とか安く済ますことはできないかと試行錯誤しています。

一方、リンは次のソロキャンの計画を立てていました。そして野クルの冬キャンプと同じ日に1人原付に乗り、途中でラインのやり取りをしながら、目的地の長野へ出発するのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

学校の校庭の隅っこで、焚き火をしながら野クルメンバーが集まっています。

部長の千明が張り切って野クル初の冬キャンプ決行の話をします。なでしこも張り切って質問しますが、ちょっとうるさ過ぎて注意されるのでした。

リンは次の長野ソロキャンのためにバイトを頑張っているようです。

キャンプ道具を確認する野クルメンバー。大体の持ち物は持ち寄りで何とかなりそうですが、シュラフだけは夏用の物しかありません。シュラフとは寝袋のことです。

冬用シュラフは値段が高いため、何か他の物で代用できないか試行錯誤する野クルメンバー。アルミホイル、プチプチシート、ダンボールで何とか代用してみますが、無理だと分かりました。

本屋さんでバイトするリン。長野のキャンプ場にクマが出るかもしれないとちょっと不安に感じています。

野クルメンバーはたくさんお菓子などの食料品を買い出しに行ったり、冬用シュラフを購入したり着々と準備していました。

リンは取りたての免許で原付にまたがり、長野へ向かいます。

同じ日に野クルメンバーもイーストウッドキャンプ場で、冬キャンプデビューです。夕食担当はなでしこ。秘密にしていますが、カレーのようです。

大荷物に反して軽やかに目的地に向かうなでしことは逆に、くたくたの千明とあおいはヒッチハイクを試みます。

野クルメンバーはついに目的地に到着しました。スイーツを食べ、疲れた体を癒します。

リンも一休みしようとカフェに入ります。暖炉で温まり、お昼にボルシチセットを注文します。

温泉に入ろうとする野クルメンバー。その時なでしこのスマホに、リンからライブカメラのアドレスが添付されたラインが送られてきました。リンは霧ヶ峰キャンプ場へ向かっている様子でした。

感想&評価はコチラ

ついに野クルメンバーの初キャンプ始動です。冬のキャンプ場、寒そうですね。初キャンプが冬というのはハードルが高そうです。

なでしこの元気とやる気には、観ている方も元気をもらえます。

寝袋のことをシュラフというのを初めて知りました。さらに、夏用シュラフと冬用シュラフがあるんですね。まだまだキャンプ用品は奥が深そうです。勉強になります。

キャンプ場というと、山の麓や、高原のイメージが多いので、冬用シュラフを買っておけば、1年中使えそうだなと思うのですが、夏は暑くなってしまうのでしょうか。これは実際に経験してみないと分からないですね。

リンはついに原付の免許まで取り、長野県までソロキャンに行きましたね。もう女子高生とは思えない行動範囲です。リンがライブカメラに手を振っているのがとてもかわいいと感じました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第5話「二つのキャンプ、二人の景色」

2018年2月3日 23時00分 放送

温泉に入ったりしてゆっくり過ごし、やっとキャンプ場に到着した野クルメンバー。

テントを立て、焚き火を起こした後は、美しい景色の中でカレーを作り美味しく食べます。

一方、リンは高ボッチ高原でスープパスタ作りに挑戦し、カレーめんとはまた違う手作りキャンプご飯の美味しさに満足していました。

すっかり夜になった頃、なでしこは眠る前にリンに夜景を見せようとテントを抜け出すのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

景色の良い温泉に入り癒される野クルメンバー。

一方、リンは寒い中、まだスクーターで長野に向かう途中です。

温泉から上がり、うっかり食事をしてしまいそうになりますが、ここで食べたらお腹がいっぱいでキャンプご飯が食べられなくなることを思い出し、温玉揚げだけで踏み止まります。

リンはやっと絶景の高ボッチ高原に到着します。免許取り立てで、150km走り切りました。一休みして寒さと疲れを癒しに温泉に向かいますが、なんと10月で閉店していたのでした。

温泉に入れなかったり、高ボッチからの景色も霧で見れなかったりで、遠くまでソロキャンに来たことを後悔しそうになりますが、高ボッチ頂上で素晴らしい景色を見ることができリンは来て良かったと感じます。

改めて温泉は帰りに入ることにして、温まるキャンプご飯を作ろうと気合を入れます。

ご飯を作るのにちょうど良い広場を見付けたので、アウトドアめしの本を取り出し、簡単なスープパスタに挑戦します。とても上手に出来て、体も温まり大満足です。

リンはなでしこにスープパスタの写真を送りました。その着信で目が覚めるなでしこ。なんと温玉揚げを食べた後、うっかり3人でお昼寝をしてしまっていたのでした。

そして3人はようやくイーストウッドキャンプ場に着きました。早速テントを張り、せっかくなのでウッドキャンドルを作ることにします。

ようやく晩ごはんを作る野クルメンバー。なでしこが煮込みカレーの材料を準備していました。きれいな景色を見ながら食べるカレーは最高です。

美味しいけれどちょっと変わったカレーの味に気付いた千明ですが、なんと隠し味にインスタントラーメンの豚骨スープの素を使っていたのでした。千明の家は肉じゃがの残りで、あおいの家ではおでんの残りでカレーを作っているようです。

そんな話に盛り上がりながら、夜が更けていきました。テントで寝ようとする野クルメンバーですが、3人で1つのテントは狭過ぎます。ジャンケンをして1人だけ違うテントに寝ることになりましたが、負けたのはなでしこ。

なでしこは1人テントでシュラフに入りながら、リンにラインしてみることにしました。シュラフの話や温泉の話をして盛り上がります。リンのところは星空と夜景が素晴らしいようです。

何かを思い付き、なでしこは千明とあおいのテントに行きますが、2人はもう寝ていました。なでしこは1人山道を歩いて行きます。

なんと向かった先は絶景の夜景と星空の見える高台でした。その写真をリンに送るなでしこ。リンもまた、高ボッチ高原の頂上に行き、お返しの夜景の写真を送ります。

離れた場所で夜景の美しさに感動する2人なのでした。

感想&評価はコチラ

長い距離を歩いて、ゆっくり温泉に入ってのんびり休憩してしまった野クルメンバー。うっかりお昼寝してしまいましたね。暗くなる前に起きれて良かったです。

野クルメンバーはスマホを片手にキャンプ場を探していましたが、そう考えるとリンは1人で道に迷わず遠くまで行けるのがすごいですよね。

リンの入ろうと思っていた温泉が潰れていたのは残念でしたが、高ボッチ高原の頂上からの景色が良く見えたのは本当に良かったです。

変身カレーなどの話題で盛り上がる野クルメンバー。たわいもない会話をしながら、ご飯をベて、マシュマロを焼いたりして過ごすキャンプも楽しそうです。

リンとなでしこ、2人揃って夜景を送り合う姿も友情が感じられて素敵なだと感じました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第6話「お肉と紅葉と謎の湖」

2018年2月10日 23時00分 放送

ソロキャンの便利アイテム、コンパクト焚き火グリルを手に入れたリン。これで直火禁止の場所でも、焚き火や料理を作ることが出来ます。

お肉を焼いてみようかなと言ったところ、一緒にいたなでしこが焼肉キャンプと勘違いし、そのまま週末キャンプに出掛けることになりました。

なでしこのお姉ちゃん、桜が車を出してくれたので、お肉を買い込み四尾連湖キャンプ場へ向かう2人。

なんとこのキャンプ場にはある言い伝えがあるのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

学校の図書館では、下校時間になりましたが、ストーブが暖かくて離れられないリンがいました。

この前の長野ソロキャンでなでしこにお土産を買ったようですが、クラスが違うので会えないまま放課後になってしまったようです。

カバンの中にはお土産とは別にもう1つ、身に覚えのない箱が入っていましたが、朝お母さんから受け取っていたことを思い出します。

それはこの前購入していたコンパクト焚き火グリルでした。これさえあれば、直火禁止のキャンプ場で焚き火も、炭火で美味しいキャンプご飯も作れます。

ソロメシの本を見ながらキャンプで焼肉を想像していたリンのところに、恵那がやってきました。焼肉の話で盛り上がる2人。

なでしこへのお土産を恵那にお願いしようとしましたが、リンから直接もらった方がなでしこも嬉しいだろうと断られます。

恵那が先に帰り、図書室の本を片付けようとしていると、そこにはなぜか床で寝ているなでしこがいました。

無事、なでしこへのお土産を渡すことが出来たリン。その時、なでしこがリンの買ったコンパクト焚き火グリルを発見します。

リンは今度お肉を焼こうと誘いますが、なでしこは焼肉キャンプだと勘違いして喜びます。そして興奮気味に、週末キャンプに誘うのでした。

週末になり、なでしこがお姉ちゃんの桜に車を出してもらい、リンの家までやってきました。キャンプの準備をして車に詰め込みます。

今回の目的地、四尾連湖キャンプ場へ向かう2人。なでしこが千明から聞いたキャンプ場ですが、地元の人にもあまり知られていないキャンプ場で湖には謎の巨大魚が生息しているそうです。

さらに、管理棟にはとても美味しいバーベキューもあると聞きます。千明も前から気になっていたキャンプ場だったため、なでしこは調査任務を任されました。

途中のスーパーでお肉とお鍋の材料を買い、レジに向かうとそこではあおいがバイトをしていました。

バイト終わりのあおいのスマホに千秋からラインが入ります。なんと千明は野クルの次回のキャンプ候補地に下見に行っていました。

下見をしている途中で、スキレットでお肉を焼く1人の紳士に出会い、焼いたお肉をご馳走になる千明。

なでしこたちは四尾連湖に着きました。紅葉がとてもきれいです。

テントが張れる対岸まで歩く2人。その時リンが四尾連湖には牛のお化けの言い伝えがあると話すと、なでしこはお化けが苦手らしく青ざめるのでした。

感想&評価はコチラ

なでしこのお姉さんは、見た目はクールですが、遠い四尾連湖まで送り迎えをしてくれたり本当に妹想いの優しいお姉さんですね。

なでしこは食べてばかりで、本当に食べることが好きなんだなと感じます。リンのお土産も開けたらほとんど食べてしまっていました。

あおいはスーパーでバイトしていたんですね。キャンプを快適にするためには、お金がかかるのでみんなバイトを頑張っています。

千明の出会った紳士は一体何者なのでしょうか。千明も知らない人からお肉をもらって食べているのがおもしろかったですね。紳士の使っていたスキレットはいつか千明が買いそうな気がします。

次回はリンの買ったコンパクト焚き火グリルの出番でしょうか。使い心地が気になります。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」

2018年2月17日 23時00分 放送

四尾連湖キャンプ場に到着したリンとなでしこ。

四尾連湖の言い伝えとは、丑三つ時に牛鬼のお化けが現れるというものでした。それならば、早く寝れば良いと考え、なでしこたちはキャンプの準備を開始します。

リンは新アイテムのコンパクト焚き火グリルを使おうとしますが、うまく着火出来ずにいると、近くにいたベテランキャンパーさんが力を貸してくれました。

焼肉と鱈鍋を作り満足の2人。いよいよ夜を迎え、リンは真夜中にトイレに行こうとテントを出るのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

紅葉の名所四尾連湖では、丑三つ時になると牛鬼のお化けが出るという言い伝えがありました。

リンの家ではお母さんがリンのおじいちゃんと電話をしています。なんとリンのおじいちゃんは、千明が出会った紳士でした。

キャンプサイトに着いたリンは、1組しかいないキャンパーを見てほぼ貸切状態に胸を躍らせます。一方なでしこは人が少ないことに怯えていました。

まだ牛鬼の話を気にしていたなでしこですが、早く寝れば良いと言うリンの提案ですっかり気持ちが晴れ、盛り上がります。

着々とキャンプの準備をする2人。なでしこは、テントや他の備品に興味津々です。

テントの設営も完了し温かいココアでのんびり休憩する中、なでしこはリンに「いつ頃からキャンプを始めたのか」質問します。

リンは中学生1年生の頃、おじいちゃんにお古のキャンプ道具を貰ったことがきっかけで、キャンプを始めたようです。

なでしこは写真を撮りに、リンは早速新アイテムのコンパクト焚き火グリルで火起こしをすることにします。

写真を撮っていると、お隣キャンパーの2人組みを見付け挨拶をします。ベテランキャンパーらしく、おしゃれな道具がいっぱいです。1人はお酒を飲んで気持ち良さそうです。

リンは初めての焚き火グリルの着火に手こずっていました。それを見たなでしこは、先ほど出会ったベテランキャンパーさんに助けを求めるのでした。

助けてくれたベテランキャンパーさんにお礼を伝え、早速バーベキューの準備を始めます。なでしこは鱈鍋を作っています。

美味しそうなバーベキューと鱈鍋が完成しました。せっかくなので、さっき助けてくれたベテランキャンパーさんたちに差し入れをすることにします。すると逆に作り過ぎたというジャンバラヤを貰ってしまいました。

ベテランキャンパー2人組は姉弟でキャンプに来ていて、泥酔している姉はもうすぐ、本栖高校の教師になるようです。

美味しいキャンプご飯を堪能する2人。満足し、焚き火を囲みながら話をしているうちに眠くなってきたリン。

牛鬼のお化けの話を思い出しリンのテントで一緒に寝たいとお願いするなでしこですが、断られます。テント越しですが、このキャンプに誘ってくれたお礼を言うリンなのでした。

真夜中にトイレに起きたリンは四尾連湖を眺めていたところ、泥酔して外に出ていたベテランキャンパーの姉の姿を牛鬼のお化けと見間違えます。

あまりの怖さにリンはなでしこのテントに潜り込み、朝、隣で眠るリンにくっつくなでしこ。

次の日、リンは一輪車で荷物を運び、なでしこは手漕ぎボートで荷物を運びながらリンに手を振るのでした。

感想&評価はコチラ

リンでも初めての道具は使いこなせない時もあるんですね。それにしても、千明の出会った紳士がリンのおじいちゃんだったとは驚きです。

あのおじいちゃんの影響で、リンはソロキャンをするようになったんですね。なんとなく似ている祖父と孫でした。

今回出会ったベテランキャンパーのお姉さんは、今後、本栖高校でリンや野クルメンバーと関わってきそうですね。

でも、キャンプに慣れているのは弟さんの方だけで、お姉さんはお酒を飲んでばかりのような気がしました。

牛鬼のお化けを全然怖がっていなかったリンが、泥酔したベテランキャンパーのお姉さんをお化けと勘違いして、怖くてなでしこのテントに潜り込んだ姿は、女の子同士の友情を感じかわいかったです。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」

2018年2月25日 23時00分 放送

もうすぐテストが始まる本栖高校。

しかし、野クルの活動を頑張る千明とあおい。千明が買ってきた木の食器とスキレットの手入れをします。

そこを通りかかった恵那にも声を掛け、次のキャンプの話で盛り上がる3人。

無事テスト期間が終わり、野クルメンバーはアウトドア用品店にキャンプ道具を見に行きますが、魅力的なアイテムの値段の高さに購入することができません。

そこでなでしこもアルバイトを始める決心をするのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

もうすぐテストだというのに、千明に部室に呼び出されたあおい。そこには冬用シュラフに入り芋虫のようになっている千明の姿がありました。

なんと千明はキャンプで使う木の食器と、スキレットを購入していたのです。しかし、せっかく購入した木の食器は熱い物、汁物に使えないという注意書きが書いてありました。

あおいが木の食器についてスマホで調べたところ、周りに塗られている塗料が問題のようです。周りをヤスリで磨いてオリーブオイルを塗れば使えるようになるのではないかと考えた2人。

テスト前なのに千明はあおいを誘い、木の食器とスキレットの手入れすることになりました。話をしながら手入れをしていると、あおいが歴史の先生が産休に入り、新しい先生が来るらしいという情報を伝えます。

この前の野クルメンバーでの楽しいキャンプの思い出話をしていると、恵那が通りかかります。恵那も混ざり3人で木の食器とスキレットの手入れをすることになりました。

そこになでしこから、クリスマスキャンプの提案の連絡が入ります。クリスマスキャンプに盛り上がるあおいたちは、恵那も誘ってみます。

ようやくテスト期間も終わり、野クルメンバーはカリブというアウトドア用品店に向かいます。

たくさんのアウトドア用品に目が輝くなでしこ。しかし高額商品ばかりのため、購入することができません。

なでしこはリンにカリブでの写真を送ります。なでしこが一気にキャンプにハマっていっていると感じつつ、リンはこの前の美味しかったキャンプご飯を思い出します。

カリブでキャンプ椅子に座りながら、今度来た歴史の鳥羽先生について話す千明。千明のバイト先の酒屋で、毎週大量にお酒を買うため「ぐび姉」とあだ名が付けられているらしいのです。

なでしこは、歴史の鳥羽先生について、どこかで会ったような気がしてなりませんでした。

帰りは名物の「みのまんじゅう」を食べる3人。出来立てのおまんじゅうは最高です。

なでしこはキャンプ用品を揃えるため、アルバイトをすることを誓うのでした。

感想&評価はコチラ

この前のベテランキャンパーの泥酔お姉さんは、本栖高校の産休に入る歴史の先生の代わりに来る予定だったんですね。

千明のアルバイト先で「ぐび姉」と呼ばれているのは、あの状態を見れば分かる気がします。なでしことリンはそのうち気付くのでしょうか。

キャンプ用品はたくさん種類もあって、見ているだけで楽しくなりますね。やっぱり良い物を買うと快適に過ごせそうですが、その分お金がいくらあっても足りなそうです。

でも安い物だけで揃えると、寒かったり、使いにくかったりするので、うまく自分たちの予算にあったキャンプを作り上げていく楽しさもあるのかもしれません。

今度はクリスマスキャンプ。恵那も参加してくれたら楽しそうだなと感じています。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第9話「なでしこナビと湯けむりの夜」

2018年3月2日 23時00分 放送

リンにキャンプに誘われたなでしこですが、前日に風邪を引いてしまいます。

なでしこから自分に遠慮せずキャンプに行って欲しいと言われ、リンは長野の上伊那へソロキャンに向かいます。しかし、無計画で出発した遠出では、ハプニングが次から次に訪れてしまうのでした。

なでしこのところには千明がお見舞いに訪れ、回復したなでしこと一緒にリンのナビをして遊んでいきます。

そして、千明はなぜかお見舞いのほうとうを作ることになるのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

長野の上伊那にソロキャンに向かうリン。本当は近所のキャンプ場になでしこも誘ったのですが、前日に風邪を引いてしまい行けなくなってしまいます。

なでしこに気を遣ってキャンプを止めるのもなんだか申し訳ないので、気になっていた上伊那のキャンプ場に行くことにしたのでした。

地図を調べていたリンは山道に近道を発見します。今回は観光スポットなどは調べず行き当たりばったりのソロキャンです。

キャンプ当日、風邪が治ったなでしこはキャンプに行こうとしますが、桜に止められます。

山道をどんどん走るリン。意外とスムーズかと思った瞬間、なんと途中から通行止めになっていました。

途中の登山道入り口で、温かい飲み物を買い散策していると、登山に来ていた女性に出会います。この山道はマイカー規制で、年中通行止めだと教えてもらいました。

登山の女性から体を温める効果のあるほうじ茶パックを貰い、また上伊那に向かい走ります。

諏訪湖の南の杖峠で休憩していると、なでしこからラインがきます。道に迷わないようナビを申し出てくれますが、もう迷いそうな道はないので断りました。

なでしこがナビをすると一緒にキャンプに行っている気持ちになれそうだと言うので、リンは伊那と駒ヶ根の観光スポットを検索して貰うことにします。

張り切って観光スポットをラインしてくるなでしこですが、途中からなんとなくいつものなでしことは違う口調に気付くリン。

なんとお見舞いに来ていた千明が送っていたのでした。若干、千明が苦手なリン。

千明はお見舞いにほうとうを持ってきてくれました。さっそく千明にほうとうを作ってもらうなでしこ。

そこになでしこのお母さんもお父さんも登場し、家族分作ることになってしまいました。

一方リンは、なでしこから紹介されたわんこ寺を散策していました。ちょっと高い犬のおみくじを迷いながら購入するリンなのでした。

なでしこたちは千明の作ったほうとうを食べています。大成功の味です。

近くの温泉に入りのんびり休憩するリン。リンに食事の提案をしながら揉めるなでしこと千明ですが、リンは温泉とセットのミニソースカツ丼を注文していました。

そこに恵那からクリスマスキャンプ参加のラインが着ます。なでしこはリンも誘いたいと提案します。

その頃、リンはお腹いっぱいになり、うっかり暗くなるまで寝過ごしてしまっていたのでした。

感想&評価はコチラ

せっかく誘った週末キャンプに一緒に行けなかったリンとなでしこ、かわいそうでしたね。でも、なでしこに気を遣ってソロキャンに向かうリンはやっぱり友達想いだと感じました。

計画を立てないで、その場で見つけた物を楽しむ旅も良いですが、やっぱりしっかり調べないとハプニングが起こるものですよね。せっかく折り返し地点まで行ったのに、通行止めになっているのはちょっとショックが大きそうです。

なでしこの家族はお姉さんの桜以外、みんなほのぼのした雰囲気が似てますね。桜だけしっかりものなのでしょうか。

千明の作るほうとうは、もしかしたら失敗するかなと思っていましたが大成功ですね。意外と器用な一面を見ることができました。

ちょっとノリの違うリンと千明ですが、今回の件で少し近付けたような気がします。

それにしても、リンも寝過ごしてしまったりする時があるんですね。これもまた意外な一面でした。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第10話「旅下手さんとキャンプ会議」

2018年3月9日 23時00分 放送

ハプニングがありながらも、なんとか上伊那のソロキャンを過ごすことができたリン。少し苦手だった千明とも友情を深めることが出来ました。

リンもクリスマスキャンプに誘い、野クルメンバーと恵那は校庭で焚き火をしながら計画を立てます。

そこに鳥羽先生が注意をしにやってきて、その勢いのまま野クルの顧問になるのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

前回、寝過ごしてしまったリンは慌ててキャンプ場へ向かいます。

一方、なでしこと千明のところにあおいからバイト終わりのラインが入ります。次のキャンプでは、なにやら良い物を持ってきてくれるそうです。

なんとリンはまたしても通行止めに出くわしていました。なでしこに写真をラインしますが、千明が撤去忘れの通行止め表示だと気付き、無事にキャンプ場に着くことが出来ました。

すぐにテントを設営するリン。風が強くて、いろいろ吹き飛ばされてしまいますが、なんとか設営し、展望台で夕食にしようと登っていきます。

展望台はとても良い眺めです。ホットサンドメーカーで豚まんを焼き、登山のお姉さんに貰ったほうじ茶で夕食にします。

あまり観光出来なかったことで、旅が下手だなと考えるリン。そこになでしこのフリをする千明から電話が入ります。

通行止めの時のことにお礼を伝えるリンに、千明はクリスマスキャンプのお誘いをします。しかしあっさり断られるのでした。

次は恵那からラインが着ます。そこでまた、クリスマスキャンプのお誘いをされるのでした。いろいろ話すうちに、考え直すリン。千明にクリスマスキャンプの参加を考えてみると連絡します。

本栖高校では鳥羽先生が部活の顧問について悩んでいます。廊下ですれ違いながら、誰かに似ていると感じるリン。

野クルの部室では、あおいがとても良いお肉を当てた話をしています。今度のキャンプに持ってきてくれる良い物とは、このお肉のことでした。

校庭の隅で恵那も交え、クリスマスキャンプの作戦会議をします。千明がバイト代で購入した焚き火台で、お湯を沸かしながら焚き火をし、クリスマスキャンプならではのプレゼント交換の話で盛り上がります。

お金もないので、なでしこがプレゼント代わりに、それぞれがおもてなしをするのはどうかと提案します。それに決まり、キャンプ会議を続けていると鳥羽先生が焚き火を注意しにやってきました。

登山部の先生に許可を取っていると伝えますが、危ないのではないかという鳥羽先生と職員室に向かう野クルメンバー。

そこで、鳥羽先生が野クルの顧問となり監督すれば良いと提案され、勢いに押され顧問に決定してしまいます。

鳥羽先生に野クルの活動を説明する千明。鳥羽先生もクリスマスキャンプに誘います。

リンからは朝霧高原キャンプ場の情報の連絡が入ります。クリスマスキャンプは朝霧高原キャンプ場に決定です。

朝霧高原ならベーコンとビールだと発言した鳥羽先生の言葉に、何かを思い出すなでしこ。ベテランキャンパーの泥酔お姉さんだと気付いたのでした。

感想&評価はコチラ

リンは無事に目的地のキャンプ場に着けましたね。千明、意外とすごい才能の持ち主かもしれません。

でも、誰もいない暗いキャンプ場で1人で過ごせるリンは、心が強いですよね。いつもはきれいな空気が、気持ち良さそうだなと観ていましたが、暗い道や急に通行止めになっていたりすることもあると考えると、女子高生とは思えないパワフルさを感じました。

ようやくなでしこは、鳥羽先生があのベテランキャンパーの泥酔お姉さんだと思い出しましたね。あの泥酔は酷かったですね。クリスマスキャンプには鳥羽先生も参加してくれるのでしょうか。

また泥酔したら面白そうですが、多分ベテランキャンパーは弟さんの方だと思うので、弟さんも参加したらきっと常識の範囲内で止めてくれるでしょう。

それぞれのおもてなしクリスマスキャンプ楽しそうですね。

そして、恵那の家はもしかすると、とてもお金持ちなのではないかと感じた今回のお話でした。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第11話「クリキャン!」

2018年3月26日 23時00分 放送

野クルメンバーとリン、恵那のクリスマスキャンプ当日です。

集合時間よりも2時間も早く到着してしまった千明とあおい。牧場でアイスを堪能しています。リンも早めにやってきてテントの設営をします。

メンバーが揃って、恵那のペット「チクワ」や高原に来ていた子供たちと遊んで過ごしていると段々と暗くなって、寒くなってきました。

今回のキャンプご飯はA5ランクの牛肉を使ったすき焼きです。あおい特製関西風すき焼きとトマトすき焼きに、メンバーたちは体も心も温まるのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

待ちきれなくて集合時間より2時間も早くキャンプ場に来てしまった千明とあおい。時間があるので鳥羽先生に車を出してもらい、近くの牧場スイーツを食べに行こうと考えましたが、鳥羽先生はもうお酒を飲んでしまっていました。

リンもスクーターで予定より早く着いてしまったので、テントの設営をしてしまいます。

そこへなでしこも到着します。焼きマシュマロをチョコビスケットに挟むスモアを食べるリンとなでしこ。

安い薪を見付けた千明たちは、リンにスクーターで運んでもらうことにします。薪代は夕食などのお礼にリンが出すことになりました。あまりにも重いので、1束だけ千明に持ってくるよう伝えます。

鳥羽先生はすでに飲み過ぎて寝てしまっていました。毛布をかけてあげるなでしこですが、どんな格好をさせても起きません。

そこにリンに恵那からラインが入ります。恵那とペットのチクワの到着です。

全員集合し、早速テントなどの設営を始めます。リンのキャンプ道具を見て興味津々の千明たち。

なでしこはチクワと遊んでいたのですが、そこに近くにいた子供たちも加わり、野クルメンバーもリンも恵那も混ざって思いっきり遊びます。

夕方になり、焚き火をしながらお茶をする5人。鳥羽先生が起きて来ました。恵那がみんなで飲んでいたホットココアを勧めると、そこにラム酒を入れて飲もうとします。意外とココアとラム酒が合うそうです。

夕方の赤富士を見て、きれいだと和むみんな。そろそろ夕食の準備です。なんと夕食はすき焼きに決定です。

夜になりだんだん気温が下がってきたキャンプ場。温かいすき焼きが完成し美味しく頂きます。

なんと恵那はサンタクロースの服やクリスマスツリー、チクワにはトナカイの衣装などを準備して来ていました。

すき焼きも残り少なくなってきたところで、あおいがトマトすき焼きに変身させて作り直します。これもまた絶品です。

お腹いっぱいのメンバーですが、シメのチーズパスタを作ろうとするあおい。なでしこはまだまだ食べられます。しかし、ここでガスボンベが空になってしまいました。

近くのコンビニまでスクーターを出し、買い出しに向かうリン。ソロキャンとはまた別の楽しさを感じているのでした。

感想&評価はコチラ

14時集合なのに、恵那以外はみんな2時間も早く到着してしまいましたね。

鳥羽先生が1人で来ていたことが、ちょっと心配です。案の定、着いてすぐ泥酔していましたね。もう飲まない方が良いと思うのですが、どうなるのでしょうか。

リンと千明の関係も、全然気を遣わない間柄になりつつあり、良い友達になりそうです。それぞれ個性がある5人と大人1人ですが、その個性がうまく合っていて楽しいクリスマスキャンプになりました。

焼いたマシュマロをチョコクッキーに挟むお菓子はスモアというんですね。美味しいですよね。

キャンプ場を紹介してくれたリンのおじいちゃんが、千明のスキレットを買うきっかけを作った紳士だと気付くことはあるのでしょうか。

澄んだ空気の中で、富士山を見ながら、温かいすき焼きを食べてみんなで過ごすキャンプ、すごく楽しそうですね。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

第12話(最終回)「ふじさんとゆるキャンガール」

2018年3月23日 23時00分 放送

スクーターでコンビニまでガスボンベなどの買い出しに行ってくれたリンも戻り、夕食の後片付けを終えて、お風呂に入ります。クリスマスキャンプの夜はここからということで、楽しい夜を過ごしていきます。

みんな寝ていく中、なでしことリンは最後まで起きていながら、夜の星空を見上げて、キャンプについて語り合うのでした。

放送後のネタバレあらすじはコチラ

買い出しに向かったリンを待つ間に、10年後の妄想を話すなでしこ。

チクワだけ寒いのが苦手なチワワなので、家の人に迎えに来てもらいました。

みんなは夕食の片付けをしながら、お風呂の順番を話し合っています。まずは、千明、あおい、恵那が入ります。

その間、鳥羽先生と話すリンとなでしこ。クリスマスなのにキャンプに付き合ってくれて、四尾連湖のキャンプ場で一緒だった彼氏さんは大丈夫だったのか確認します。

しかし、実はあのお兄さんだと思っていたベテランキャンパーは鳥羽先生の「妹」だったのでした。

そこに千明たちがお風呂から帰って来たので、リンたちが入りに向かいます。この前の四尾連湖キャンプのお裾分けのお礼を伝える鳥羽先生。

リンたちもお風呂から上がり、みんなでリンと同じお団子ヘアーにセットします。なでしこだけは恵那に遊ばれてハニワヘアーになっていました。

焚き火を囲みながら、タブレットで動画鑑賞を提案する千明。楽しいクリスマスの夜が過ぎていきます。

リンとなでしこ以外、みんな寝てしまいました。なでしこたちは2人でゆっくりお話しします。来年もいっぱいキャンプしようと言いながら眠るなでしこなのでした。

リンは朝の5時に目覚ましをかけ、朝ごはん担当のなでしこを起こします。

朝ごはんは和食です。次々に起きてくるメンバーたち。朝日が昇り、富士山が美しく輝ます。

楽しかったクリスマスキャンプも終わり、帰る準備をして、それぞれ帰宅して行くみんな。

リンのバイト先の本屋に恵那がやって来ました。野クルメンバーは部室の大掃除をしています。みんな年末年始もバイトです。そこにリンからなでしこにラインが入り、恵那がやる年賀状の配達バイトを一緒にやらないかと誘われます。

春になり、なでしこは自転車で本栖湖キャンプ場にソロキャンをしに来ました。そこにリンからラインが入ります。なんと、リンもソロキャンで本栖湖キャンプ場にやって来ていたのでした。

感想&評価はコチラ

なんと鳥羽先生と一緒にいたベテランキャンパーは「妹」だったんですね。驚きです。

美味しい夕食と温かいお風呂、楽しい時間が過ごせたようで良かったです。初めてのキャンプ経験だった恵那もぐっすり眠れていたようですね。眠るのが好きなせいなのか、高いシュラフのおかげなのかどちらでしょう。

リンとなでしこはすっかり仲良しになりましたね。なでしこもどんどんキャンプに夢中になっていって、ソロキャンまでするようになりました。お互い仲良しですが、いつも一緒ではなく、個人でも楽しみながら満喫できる趣味は素敵ですね。

ゆるキャンのメンバーは女の子ばかりですが、それぞれ自分を持っていて、そういう部分も魅力的なアニメだと感じました。

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

ゆるキャン△|製作会社・公式サイト・声優

放送 2018年冬 10月3日(木)
話数 全12話
製作会社 C-Station
声優 各務原 なでしこ:花森ゆみり
志摩 リン:東山奈央
大垣 千明:原紗友里
犬山 あおい:豊崎愛生
斉藤 恵那:高橋李衣
土岐綾乃:黒沢ともよ
各務原 桜:井上麻里奈
鳥羽美波:伊藤静
犬山あかり:松田利冴
ナレーション:大塚明夫
公式サイト ゆるキャン△
公式ツイッター ゆるキャン△公式ツイッター
wikipedia ゆるキャン△ウィキペディア

ゆるキャン△|主題歌・オープニングとエンディング

オープニング 亜咲花「SHINY DAYS」
エンディング 佐々木恵梨「ふゆびより」

 

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

ゆるキャン△に似たおすすめアニメ

まとめ

ゆるキャン△の再放送はすでにBS11で始まっていますが、見逃した方のために1話から最終回の12話までフルで配信しているサイト&アプリのまとめは以下の通りです。

2021年1月から待望の「ゆるキャン△SEASON2」が放送開始となります。その前にぜひ前作のゆるキャン△をお得に視聴しましょう!

↑無料配信中の動画サービスの確認に戻る↑

本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。